針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

当院でも利用者さんに姿勢を正すことは身体にとって大切ですよ。とお伝えしています。なぜなら、姿勢が悪くなることによって、様々な症状や病気にも繋がってくるからです。姿勢が悪くなる=背骨が歪みますので周りの何もしていなくても筋肉に対して負担がかかってきます。逆に姿勢が良い状態でいれると、筋肉にも負担がかからないので痛みの予防になりますし、少し無理したとしても翌日に痛みを残さないですし、姿勢が良いと身体の中の内臓とも関係しますので、内臓が元気になりますので病気にもなりにくいといった様々なメリットがあります。ですから普段の姿勢の意識がものすごく大切です。とは言っても実際にはどんな姿勢が正しいんですか?と私たちも利用者さんからよく聞かれます。たしかに、姿勢を正したらいいとはわかっていても難しいですし、基準が分からないですよね。今日はその正しい姿勢をお伝えします。

①立った状態

耳の穴→肩の中央→くるぶしを結んだ線が一直線になるのが経った状態の良い姿勢になります。ポイントは顎を引く、へその辺り(下腹部)に軽く力をいれる肛門に力をいれお尻を引き締めることです。頭のてっぺんから糸でつられてるイメージです。

②座った状態

座っている状態のときも基本は一緒です。耳の穴、肩の中央、股関節が結んだ線が一直線になる状態をキープしてお尻を深い位置までもっていてすわることです。

それが正しい姿勢の基準になります。

当院では姿勢が悪くるならないように、更には歪んだ背骨も当院独自のB&M背骨歪み整体法を行い背骨の歪みを整えておりますので一度当院に来て姿勢をチェックしてみてはいかがですか?

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP