針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

こんにちは。今日は「アイシング」についてお話していきたいと思います。アイシングにも様々な役割や行う時期があります。今回はスポーツ終了後のアイシング方法をお話していきます。ではなぜアイシングを行うのかについてです。スポーツを行った後にする場合はスポーツの分野によりアイシングする部分は異なりますが、絶えず筋肉に負荷をかけ炎症がおきている状態です。15~20分程炎症を抑える為や、早期回復のアイシングを行います。炎症がある部分の血管を収縮させ血液の循環を一時的に悪くさせます。一時的に血液の循環を悪くさせる事で身体の中の痛みを誘発する物質の出現を抑え、痛みを出にくくします。テレビで野球選手が「肩」や「肘」にアイシングをしているシーンが流れていると思います。プロの選手はケアを怠りません。学生のスポーツや大人の趣味でもケアは大切なのでしっかりと行いましょう。さて次はアイシング後の対処方法をお伝えします。アイシング後は20分程時間を取ってから入浴してください。すぐに入浴してしますとアイシングの効果がなくなります。なぜ20分後に入浴するかと言うと、アイシングにより冷やした部分の血管を入浴により一気に血液循環をよくします。これをする事により超回復が見込め、次に運動する際のパフォーマンスはアイシングを行った方が確実に上がりますし、怪我の防止を事前にする事は大切です。

 

ご自身のお身体のケアでお悩みやがありましたらいつでも当院にご相談下さい

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP