針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は背中や腰周りを捻ってお怪我された利用者さんから質問を受けましたので、そのお話をします。質問は「身体を痛めない為には、腹筋と背筋どちらを鍛えたらよいですか?」と質問を受けました。腹筋と背筋は拮抗筋と言われます。身体のバランスを保つためには両方の筋肉を鍛えることにより身体を支えやすくなります。しかし身体のバランスを取るには腹筋と背筋のバランスも大切なのですが、それ以上に身体の姿勢を保つことが一番重要です

姿勢を保つためには、姿勢を支える軸を整える事が大切です。軸がしっかりしていると姿勢が崩れにくくなる為、体にかかる負担を減らすことが出来ます。その軸となる場所が背骨です。その背骨を支えている筋肉がインナーマッスルと言う筋肉です。インナーマッスルは軸を安定させ姿勢を支えるので「姿勢保持筋」とも言われます。姿勢を保つためのインナーマッスルには「大腰筋」、「腸腰筋」、「多裂筋」など色々な筋肉があるのですが、中でも「腹横筋」を鍛えると姿勢が保ちやすくなります。お腹全体を支える筋肉で位置的にお腹を全体支え筒状に付いている筋肉です。この筋肉を鍛えることでコルセットを使っているかのように支えてくれます。

筋トレの方法としては「プランク」と言われる運動が適しています。プランクの運動をしながらお腹と背中をくっつける様なイメージで呼吸をしてください。

筋力を鍛えることも大切ですが、まずは痛めた筋肉の緊張を緩める施術を行い、背骨のバランスを整えて身体の痛みを減らしましょう。捻った痛みの中で筋肉を酷使すると痛めた筋肉を使ってしまうので痛みが強くなる事もあります。お身体の痛みなどでお悩みの場合は当院にご相談下さい。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP