針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回はゴルフによってかかる身体の負担について説明していきたいと思います。ゴルフは野球やサッカーの様に激しいスポーツではなく、のんびり出来るものなので身体を痛めない印象を持つ方がいます。しかし、一日かけて18ホールも回ると少しずつですが負担が蓄積して行きます。また、ゴルフのスイングは力を抜いた状態から瞬発的に素早く振るのですが、フォームが崩れた状態や、力が入り過ぎている状態でスイングすると身体を痛めてしまう場合があります。スイング時に肩に力が入ると、そこから末端まで負担がかかってしまうので、首や腕まで痛める事があります。同様に腰を回転させる時や、右足で蹴りだす動作を繰り返すことで筋肉に力が入り、少しずつ負担が蓄積していくため、ゴルフが終わった時に身体を痛めている事に気づきます。どのようなスポーツでも身体を動かすことで負担はかかるので、そのたびに痛みが出ないようにする為の身体のケアをお勧め致します。

このような症状として痛みが出る前に、ゴルフ後の負担を溜め込み過ぎないよう施術により筋肉のバランスを整え、筋肉の引っ張りから歪められた背骨を整体により真っすぐに整えます。そうすることで背骨が身体全体を支えてくれるので、お仕事や日常生活でかかる負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はご気軽にお連絡お待ちしております。

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP