針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回はスキーによってかかる身体の負担についてお話していきます。スキーはスノーボードやアイススケートと並ぶ冬の代表的なスポーツですね。冬にしかできないとても楽しめるスポーツですが、不慣れな方や、スキー初挑戦の方が行うと、下半身周りにかなりの負担がかかります。スキーをするときに最も重要なテクニックにボーゲンというものがあります。ボーゲンは簡単に言うと内股になりブレーキをかけてスピードを緩めるテクニックになります。スキーに不慣れな方はスピードを緩めようと意識するあまり、強い力が入り、太ももの前側や内ももに大きな負担がかかります。また、スキーの時の姿勢は前傾姿勢のまま滑り、左右に重心移動させるため一日滑り終えるころには腰、お尻、太もも、ふくらはぎの筋肉に痛みが出ます。慣れている方であれば適切な姿勢や適度な脱力により、身体にかかる負担は少なく済むのですが不慣れな方ですとこけてしまわないように力が入ってしまうため痛みが出ます。痛みが出ないようにするために、途中でスキー板を外して足首を回す、膝の曲げ伸ばし、腰を前に倒す後ろに反るなどのストレッチをして筋肉が緊張しすぎないようにケアすることをお勧めします。

当院では力が抜けきらずに緊張している筋肉を指で施術し、筋肉が引っ張る事で歪められてしまった背骨を整体により真っすぐに整え、背骨で身体を支えられるようにして痛みを軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡お待ちしております。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP