針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回はスポーツ時の膝の痛みについてお話していきます。学生の膝が痛む原因として多いのはスポーツ時にジャンプ・ランニングなどを激しく行う競技をされる方です。膝周辺は多くの筋肉が支えていて筋肉量の左右差や運動による筋肉の使い過ぎ、筋肉・関節の柔軟性不足などの理由で負担が蓄積していく事で痛みが現れます。社会人の方の場合ですと運動不足による筋肉量の低下、筋肉・関節の柔軟性が少ない状態での急な運動、体重の増加による負担などが痛みの原因になります。スポーツ時は瞬間的に膝に屈伸動作が何度もかかるため、膝周辺にある筋繊維を傷つけてしまいます。その為痛みや熱感、屈伸制限などの症状が現れます。膝の痛みが出るとスポーツに支障が出るだけではなく、普段の生活での立ち歩き程度の動きも制限されてしまう事があります。こういった症状が出る前にスポーツ前と後に膝周辺のストレッチを行い、運動前に筋肉の柔軟性を出すことと運動後に緊張している筋肉を伸ばして痛みが出ない為のケアを行いましょう。

当院では使いすぎによって蓄積した筋肉の負担を施術により軽減し、筋肉に引っ張られて歪んだ背骨を整体法により真っすぐに整えて動きづらさや痛みをなくすだけではなく、筋肉と関節の可動域を広げて今まで以上のパフォーマンスを発揮できるようにしていきます。お身体のことでお悩みの方はご気軽にご連絡ください。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP