針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

ゴールデンウィークが終わりました。長期休暇を堪能された方も、仕事で忙しくされた方も色々とおられると思います。身体の使い方は様々です。しっかりと動かすことで痛める方もいれば、何もしないで身体が動き難くなる方まで様々です。適度な運動と適度な休息が大切です。何もしていないのに身体が痛くなると言う質問を受けました。何もしないということは実際は動きが少ないと置き換えることができます。動かない時、例えば座ってスマートフォンをじっと見ている時などは体が前屈みになっていることが殆どです。この体勢も身体を筋肉は支え続けています。立っている体勢が受ける体重の腰に掛かる負荷が100%だとすると、座り前屈みの体勢は、175%以上になります。つまり自分の体重の75%の重さで腰を引っ張っているようなものです。身体を動かさないことは何もしていないのでは無く身体に負荷をかけ続けている状態のことが殆どです。腕や足と違い体幹の特に深部の筋肉は身体のバランスを取っています。深部の筋肉は痛みは感じ難いのですがバランスが崩れると表面側の筋肉に負担が掛かり痛みが出て来ます。何もしていなくても身体はキッチリ使っていますから身体のケアは日頃から気をつけてくださいね。自身のケアで間に合わない場合は1度相談してみてください。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP