針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は太ももの筋肉が腰に与える影響についてお話していきます。足の筋肉が腰に関係があるのか?と疑問に考える方もいらっしゃると思います。結論から言うと大いに関係あります。太ももの前側についている大腿直筋という筋肉は骨盤から膝までついている筋肉で、大腿直筋が緊張すると柔軟性が少なくなり、骨盤が引っ張られ前傾し、お尻を後ろに突き出すような姿勢になります。そうなると、いわゆる反り腰という姿勢になり、足の筋肉に負担をかける事で腰を痛めてしまいます。このような原因で腰を痛めると、腰と足の両方に負担が蓄積してしまうので、症状が悪化すると立ち歩きなどの簡単な日常生活動作が困難になってしまいます。腰を痛めてしまわないように、大腿直筋のストレッチなどで筋肉の柔軟性を高めることをお勧めいたします。大腿直筋のストレッチは片足だけ正座をするように曲げながら、体重を後ろに傾けると股関節から膝までついている大腿直筋を伸ばすことが出来るので、柔軟性を高めることが出来ます。

当院では力が抜けきらずに緊張している筋肉を指で施術し、筋肉が引っ張る事で歪められてしまった背骨を整体により真っすぐに整え、しっかりと体を支えられるようにすることで負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡お待ちしております。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP