針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は姿勢の崩れから来る体の痛みの原因について説明していきたいと思います。人間は二足歩行という不安定な姿勢で常に生活しているので、ほんの少し姿勢が崩れたまま生活すると身体への負担は大きくなります。姿勢が崩れやすい部分は腰・背中・首が多くなります。これらすべては、背骨が上半身を支える範囲になります。姿勢は一か所が崩れると、他の離れた部分にまで負担が蓄積しやすくなり、首の姿勢が崩れると首の筋肉以外にも肩や背中の筋肉も同時に筋肉の引っ張りが強くなってしまいます。また、頭の重さは約5㎏あり、その重さを支え続けると首の骨に歪みが生まれてしまい、神経や血管を強く圧迫するので頭が痛くなったり、吐き気やめまいがしたりなどの症状が出てしまいます。背中の姿勢が崩れると肩甲骨を支えている筋肉に負担が蓄積してしまうので、肩甲骨が動きにくくなり肩を動かすたびに痛みや痺れなどといった症状が出やすくなります。腰の姿勢が崩れてしまうと上半身すべての姿勢が崩れやすくなってしまったり、上半身の重さを足の筋肉で支えようとしてしまうので、足が疲れやすくなったり、つりやすくなってしまったりなどの広い範囲で症状が出てしまいます。

当院では痛みの出ている部分の筋肉だけではなく、全身の筋肉を施術しバランスを整え、姿勢の崩れから歪められた背骨を整体により真っすぐにして、体を支えられるようにします。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP