針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は春の寒暖差による負担について説明していきたいと思います。

春は一日を通して気温の変化がとても大きいです。朝に気温が低く、昼に気温が上がり、また気温が低くなります。これほど短時間で気温が上下すると、体にはかなりのストレスになります。寒くなると体は基礎代謝を上げ、体温が下がり過ぎないように保つ働きをします。逆に暑くなると基礎代謝が下がり、過剰にエネルギーを消費してしまわないように働きます。このように気温差によって体の働きは真逆に働き体温を一定に保とうとします、気温が一日を通して暖かいだけならば一つの働きで済むのですが、春の様に一日の中で気温の変化が激しいと代謝の切り替わりも多くなり、運動量が少なくても気づかないうちに疲労が溜まってしまいます。

そういった疲労感がある場合、お仕事や日常生活の事がしづらくなります。そのような状態で無理をしても作業効率は上がらないですし、余計に負担が大きくなります。

そうなる前に一度、疲労を回復させる為に休息をしっかりとり、栄養をバランス良くとることで肉体的な疲労感は軽減していきます。

それだけではなく、読書やテレビ鑑賞などご自身の趣味の時間を過ごされることで精神的なリッラクス効果も期待できます。

皆さん、もしっかりとケアをして疲労を溜め込むことなくこの春を乗り切ってくださいね。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP