針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

身体は使いすぎると擦れたり圧がかかったりして痛みが出てきます。とくに手首の痛みは、生活習慣の中であらゆる場面で不自由を感じやすいです。育児中、赤ちゃんを抱っこして手首が痛い人や、テニスなどのスポーツをして痛くなる人、仕事で荷物を運ぶことを繰り返す人など様々な場合に痛めます。痛みや違和感も出やすく、手首にこりこりと、しこりを感じたり、痺れがでたり、腫れたりと色々様々な状態が考えられます。最近ではスマホの使い過ぎにより手首の痛みが出たりすることが若年層にも広がっています。まず痛みがどうなのかを知ることが大切です。痛みや腫れなどが強く、安静にしていてもあまりよくならない場合、指を動かす手首を動かすなど動作で痛む場合などは相談して下さい。テニスをしていて手首を痛めた利用者さんをみました。軟式テニスをしていて、軟式テニスは手首を捻る動作が多いらしく使い過ぎな状態でした。背中もプレイ中構える姿勢が前屈姿勢にもなり背骨も猫背な状態で待ち構えているそうです。長時間の負荷のかかる姿勢が続くと身体にも負担がかかるので身体のケアはどうしても必要になります。こんな時に筋肉などを伸び縮みしやすい状態にする事、背骨で身体を支えやすい状態にすることが大切です。施術を受けた利用者さんも続けていく事で今では「ここがあるからテニスを続けられている」と仰っています。普段の動きで痛みを感じるようなら無理をせず、利き手と反対側でできることは、反対側で行うようにしましょう。動きがどうしても避けられない時はサポーターなどを使いましょう。お身体のことで悩んだら一度相談してみて下さいね

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP