針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

段々と暖かくなってきて、気持ちよく歩けるようになってきましたね。

今回は日本人と欧米人の歩き方の違いについて説明していきたいと思います。

歩行の仕方は大きく分けて二つあり、和式歩行と洋式歩行があります。

日本人は昔から和式歩行を中心に行っていて、これは足の前側の筋肉を使い、足を前に踏み出す力で歩きます。足が前に行く力で歩行すると、膝が曲がり腰を捻らず歩くのですり足のような動きになります。また、足に身体が引っ張られ前のめりになりやすく、背中が丸まった体勢で歩くので日本人は歩くだけでも腰を痛める原因になります。

欧米人は洋式歩行と言い、前に踏み込むように歩くのではなく、後ろに残した足で地面をけり出して前に進みます。この時和式歩行と違い、膝を真っすぐに伸ばしたまま歩き、腰を捻じりながら大きく腕も降って歩くので、姿勢を真っすぐ保ったまま全身運動が出来ます。

このように、歩き方一つで身体への負担が変わってきますので、皆さんも少しだけ歩く時に意識して負担がかからないように日々を過ごせるようにしていきましょう。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP