針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

 

 

今回は枕についてお話していきたいと思います。今枕でも色々なタイプの物がありますね。高反発、低反発、高さのある枕、低い枕など他にもたくさんあるのですが、皆さんはどのタイプの枕を使っておられますか?当院の利用者様にも枕をいくつもお持ちの方もおられますし、中には枕を使わない方もおられます。寝やすい物を使うのが一番いいですが、睡眠が十分とれているのと、体の負担がとれているのかは別になってきます。その事を今から説明させていただきます。

 

まず寝ている時の姿勢なのですが、仰向けで寝ている時枕が高いと頭が上がり少し前のめりになってしまいます。この状態だと、顎と首の間隔が狭まってしまい気道が圧迫され呼吸がしづらくなり、酸素をうまく取り込むことが出来なくなってしまいます。筋肉は酸素を栄養ともしますので、その酸素が薄くなってしまうと回復する力が弱まってしまいます。低い枕は頭が下がってしまい、顎が上がり気管が伸ばされるので呼吸がしづらくなります。このどちらも首が伸ばされ常に筋肉が緊張していて、回復出来ているようで負担を蓄積してしまっていますから、起きた時に怠さや痛みを感じてしまいます。特に寝ている時は、ほとんど動きがありませんので血液の流れが日中の三分の一ほどになると言われています。だからこそ自分に合った安眠できる枕が必要なのです。人生の三分の一が睡眠とも言われます、この時間をいかに質を高め、よりよい生活を送るために、真剣に考えてみてもいいかもしれませんね。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP