針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は柔軟性の有無による影響について説明していきたいと思います。世間一般的には柔軟性が高いほど怪我がしにくく、運動でのポテンシャルが上がるいわゆる健康的な状態と認識されています。もちろん柔軟性が高いのはいいことで、私も施術に来られた利用者さんに運動時のポテンシャルアップや疲労回復などでストレッチをすすめる事があります。しかし、柔軟性を高めすぎると場合によっては怪我をしやすくなってしまう場合があります。ストレッチによって伸ばされるのは筋肉以外にも靭帯や腱があり、これらは骨と骨をまたいでくっついていて関節を動かすこと以外にも可動域以上の動きをしないように固定する役割もあります。バレリーナの様に柔軟性が高すぎると人体の可動性は大きく増し、大きく緩やかな動きを可能としますが、関節の安定性が大きく低下してしまうので激しいトレーニングやコンタクトスポーツなどの強い衝撃がかかる事には不向きとなります。こういった理由から日常生活や通常のスポーツでは動きやすさと怪我の防止という観点からある程度の筋肉の硬さを持つことになんら問題はありません。柔軟性を高めようと努力するあまり場合によっては怪我のリスクが伴うようになりますのでストレッチのし過ぎにも注意が必要です。ストレッチは怪我の予防や疲労回復をするためにはとても効果的になりますが、もしもすでに筋肉を酷使しすぎて痛みが出てしまっている方にはしっかりと施術を受けて痛みの原因を解決することをお勧め致します。当院では使いすぎや無理な動きから痛みが出ている筋肉を指で施術し、筋肉の引っ張りから歪められている背骨を整体により真っすぐに整え日々の負担を軽減させます。お身体の事でお悩みの方はご気軽にご連絡お待ちしております。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP