針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は疲労による身体の影響について説明していきたいと思います。体というのは、お仕事や日常生活により負担を蓄積してしまいます。動き続けた場合ですと、筋肉の疲労が蓄積してしまい痛みがでたり動きづらくなったりする原因となります。筋肉の使いすぎによる疲労感の場合ですと、静的ストレッチといって筋肉を一定の方向に数十秒ほど伸ばすストレッチを出来ると筋肉が柔らかくなり、血液の流れが良くなるので疲労の回復に繋がります。スポーツなど体を動かす前などは動的ストレッチといって、固まっている筋肉がほぐれるのでトレーニングの効果が向上したり、動きやすくなるのでケガの予防に繋がります。これらの様に自ら動いて身体を回復させる方法を積極的休養と言います。精神的に疲れる事で感じる疲労感を蓄積しすぎると、体が動かないようになる事はないのですが疲れから思考力が鈍ったり、姿勢が保ちづらかったりなどの影響があります。こういった精神的な疲労の場合は動くよりも睡眠をとったりお風呂に入りリラックスをしたり、趣味の時間を過ごしたりなどの休養が必要になります。このように動かずに身体を休めることを消極的休養と言います。どのような疲労でも放って置くことで、多くの負担を蓄積してしまい痛みやしびれ等の症状に変わってしまうのでしっかりと休みましょう。

当院では疲労によりバランスが崩れた筋肉の施術と筋肉の引っ張りから歪んだ背骨を整体により真っすぐに整え、血液の流れを良くして身体の回復力を高めます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP