針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は立ちっぱなしで来る足への負担について説明していきたいと思います。立ちっぱなしの姿勢が続くと、疲労感を感じやすくなってしまいます。何故疲労感を感じやすくなるかと言うと、ふくらはぎにある筋肉は第二の心臓と言われるくらい重要な筋肉で、心臓から送られてきた血液をふくらはぎの筋肉が弛緩・収縮を繰り返すことで上半身に血液を送り返すことが出来ます。ふくらはぎの筋肉は立ちっぱなしが続き、筋肉の伸び縮みがしづらくなることで、足元から全身への血液循環が悪くなり、身体の回復力が低下してしまいます。このような状態でもお仕事や日常生活で負担を蓄積し続けると、筋肉が伸び縮みしづらくなる程度から、段々と固くなっていき、不意に素早く動いたり、踏ん張ったりするだけで痛みが出る事があります。ふくらはぎの筋肉が固まらないようにする為には、ほんの少しでもいいので、足首をゆっくり回すことです。そうすることで、筋肉が伸ばされ、柔軟性を保ちやすくなります。

当院では深い部分の筋肉に対して指で施術しバランスをとり、筋肉の引っ張りや普段の姿勢から歪んだ背骨を整体により真っすぐに整え、お仕事や日常生活での負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡お待ちしております。

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP