針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は歩き方によって変わる負担についてお話していきたいと思います。歩いている姿を注意してみてみると、内股やがに股などになっている人が多いです。このような姿勢でいると筋肉の働きが偏ったまま負担がかかってしまいます。内股での負担は太ももの外側についている筋肉が常に引っ張られてしまい、お尻の筋肉も張りつめてしまいます。また、太ももの内側についている筋肉は緩められたまま歩行の中で使われることが少なくなるので、筋肉量が少なく固い質の物に変わってしまいます。

内股の修正方法としては片足立ちをし、もう片方の足を股関節を中心に外に向かって回してあげることです。広く関節と筋肉を動かしてあげることで筋肉と関節の緊張を防ぎ、日常生活での動きやすさを出すことが出来ます。簡単な方法でしたらあぐらをかく座り方でも股関節を外に開けるので効果的です。がに股の場合は膝が外に向くように立つため、太ももの内側についている筋肉が引っ張られるため緊張感が増してしまいます。がに股の修正方法としては内股とは逆で、片足で立ちながら、もう片方の足を内側に向かって股関節を回すようなストレッチが出来ると効果的です。

内股やがに股の負担の共通点として膝に負担がかかるようになります。立ち方によって体重のかけ方や力の入り方が不安定になるため、膝が不安定になります。

 

このような症状として痛みが出る前に、普段から負担を溜め込み過ぎないよう施術により筋肉のバランスを整え、筋肉の引っ張りから歪められた背骨を整体により真っすぐに整えます。そうすることで背骨が身体全体を支えてくれるので、お仕事や日常生活でかかる負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はご気軽にお連絡お待ちしております。

 

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP