針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は筋トレ後の負担について説明していきたいと思います。筋トレをすると、筋肉痛がでて、痛みで動きづらくなる経験をされた方が多いのではないでしょうか?筋トレは筋肉に負荷をかけ、筋繊維を傷つけることでその後の回復により、太く力強い筋繊維に変化させる行為で、これを超回復と言います。超回復をするには、筋トレ後に約48時間から72時間ほどの休息が必要になります。休息が十分に取れないまま、更に筋トレで負荷をかけたり、お仕事や日常生活での動きで負担をかけてしまうと、筋肉が更に傷ついてしまい、強く回復するどころか筋肉が前よりも弱くなったり、怪我としての痛みを感じるようになってしまうので、体を良くしようと筋トレをしているのに、体を壊してしまう恐れが出てきてしまいます。こういったオーバーワークになってくる原因というのが、同じ負荷を同じ場所にかけ続けることで、筋肉が負荷に慣れ、筋肉痛を感じる炎症も起こりづらくなることで筋肉にどれほどの負担がかかっているかを感じにくくなることです。筋トレを続ける場合は、同じ部分を連日鍛えるのではなく、日によって鍛える部位を変えることで筋肉痛の部分にしっかり休息をとれるので、痛みや疲労に悩まされることが少なくすみます。

筋肉に無理な負担が蓄積していくと、痛みや動きづらさがでてきたり、筋肉の緊張から背骨を引っ張って歪めてしまうので、身体を支えづらくなってしまいます。そうなる前に施術により筋肉に柔軟性を出し、背骨の整体により背骨を真っすぐ整えて体を支えやすくすることで体の負担を軽減させます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡お待ちしております。

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP