針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は筋肉の左右差について説明していきたいと思います。筋肉は人によって、多かれ少なかれ左右での筋肉量に違いが出てきます。これは利き手・非利き手などの使用する頻度に差があるためです。日常生活を過ごしていくだけでも差が生まれてしまうので、スポーツなどの激しい運動をしているは鍛え方によってはかなりの左右差が生まれてしまいます。左右差が強くなる事で体の動かし方に違和感が出たり、筋肉の引っ張りから体を支えている背骨に歪みが出たりしてしまいます。そうならない為にトレーニングの仕方でも、片手で扱うダンベルよりも両手で扱うバーベルトレーニングなどをお勧めします。また、ランニングなどでも片足を連続して交互に動かすために、左右での力を込めやすさに差が生まれてしまいます。ですので、スクワットなどの両足を同時に鍛えられる方がバランスを保ちやすくなるのでお勧め致します。日常生活やトレーニングでも筋肉に左右差が生まれないようにしっかりケアすることが大切です。

当院では深い部分の筋肉に対して指で施術しバランスをとり、筋肉の引っ張りや普段の姿勢から歪んだ背骨を整体により真っすぐに整え、お仕事や日常生活での負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡お待ちしております。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP