針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は筋肉をつける重要性について説明していきたいと思います。筋肉は何もしなければ、年齢を重ねていくたびに衰えていき、筋肉の質が悪くなる為、高齢者の方程身体を壊しやすくなります。筋肉量が少ない状態で生活すると、少しの動きでも身体への負担が大きくなり、身体を支える事が困難になるので、負担が蓄積していく事で、最終的に筋肉が切れてしまい、激痛が走ります。そうなると最低限の筋肉で身体を動かすことが出来なくなり、周りの筋肉を使い余分に力が入りながら動くことになります。一度痛めたまま放置しても、痛みは治まる事はありますが原因が解決したわけではありませんので、痛めたら早めにお身体のケアをしましょう。筋肉がしっかりと付いていると身体を動かすのも楽になりますし、物を持ったり連続して動き続けても負担が蓄積しにくくなります。何かにぶつかったりこけたりしても、筋肉がしっかり守ってくれるため怪我をしづらくなります。

筋肉が傷ついたまま無理して動き続けてしまうと、周辺の他の筋肉もどんどん負担が蓄積していき、痛みが出る範囲が増えていきます。また、筋肉は背骨に付いているため、力が入ったままいると少しずつ背骨を引っ張って歪めてしまいます。背骨が歪むと身体を支える事が困難になるので日常生活を送ることも難しくなります。そうならないようにする為に、筋肉の施術と背骨の歪みを整える整体をすることで身体の負担を軽減していきます。お身体の事でお悩みの方は是非お気軽にご連絡下さい。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP