針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

こんにちは。今回は「肘の痛み」についてお話していこうかと思います。肘の内側と外側がありますが、内側の痛みは一般的には野球の投球動作やバレーのスマッシュ動作など肘を捻る動作、伸ばす運動時に痛みが出る事が多いです。反対の肘の外側は、重たい物を持つ動作やテニスのバックハンドなど力を持続させる動きのなどで痛みが出ます。今回は肘の内側の痛みについてお話していきたいと思います。肘の内側の痛みは多くの場合が靭帯を傷つけてしまっていることが多く、特に投球動作を行うスポーツは過度に肘に疲労が蓄積し、しっかりとアイシングなどのケアをしていても痛めてしまう事が多いです。現在プロ野球やメジャーリーグで活躍されている選手ですら怪我をしてしまう場所です。また一度痛くなった肘は投球動作を繰り返すうちに筋肉が緊張し硬くなり、肘だけではなく肩や首まで違和感、痛みを感じる方が多いです。理由は痛い場所をかばい、本来の動きではない動作をすることにより肩の筋肉や首の周りの筋肉を疲労させ、やがて痛みに変わり痛みをかばった肩や首の筋肉が背骨を歪め二次的な痛みが誘発されやすくなります。

 

このように他の場所に痛みが出る前に今回は肘のお話でしたが、別の場所に痛みが出た場合でも今回説明した事と同様の事が、起こりえます。当院では怪我をした場所と怪我により痛くなった場所など様々な観点から施術を行っております。お身体のご不安やお悩みは一度当院にご相談下さい。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP