針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

こんにちは。前回にも肘の内側の痛みについてお話ししましたが、今回は肘の外側の痛みについてお話ししていこうと思います。肘の外側の痛みは、重たい物を持つ方や主婦の方、テニスをされている利用者さんは痛みが出るとよくおっしゃられます。

では、肘の外側が痛くなる動作についてお話していきますね。まず、重たい物を持たれる方ですが、物を持つときに使う筋肉は肘の外側に付いています。この筋肉を持続、反復で使用する事で疲労し痛みに変わります。次に主婦の方ですが、動作は様々ですが、ここでは代表例として洗濯物カゴを持つが多いとおっしゃる利用者様が多いです。理論は重たい物を持つ時と同じです。フライパンを使うときに痛むとおっしゃる利用者様も多くみられます。フライパンを使う時は手首や指が痛くなりやすいです。その後に肘が痛くなるとケースが多いですが、理由は手首や指に繋がる筋肉が肘に付いているからです。指、手首、が原因の痛みも肘の筋肉は使用しますので痛みが出てきます。最後にテニスをされる方です。テニス中にバックハンドでラケットを振る際に肘を絶えず曲げ伸ばしする、また急激な力を加える事により痛みが出ます。

前回「肘の内側の痛みについて」の記事の時にもお伝えしましたが、肘に痛みが出ると痛みをかばう為に他の筋肉を使い首や肩に二次的な痛みが出る事があります。当院では痛む場所の施術はもちろんですが、二次的な痛みの施術も行っております。痛みでお悩みの方は是非一度当院にご相談ください!

 

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP