針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は男女の股関節の違いについてお話していきたいと思います。男性は股関節の骨がはまる関節の溝が深くしっかりとおさまり、筋肉の量が多いので支える力が強いです。女性の場合は、股関節の骨の収まる溝が浅く、男性と比べると筋肉の量が少ないので不安定になります。股関節の不安定な動きから、骨盤や背骨でバランスを取ろうと負担を蓄積していくので、結果的に股関節を庇うように動き、姿勢の崩れに繋がってしまいます。構造の違いの理由は女性の場合、妊娠や出産などで必要なスペースを確保するためにあります。そのため、骨盤の固定もゆるくなりやすい為、骨盤が歪む方が多くなります。身体の中心である骨盤が歪むことで、その上に乗っている背骨もどんどん不安定になっていき、姿勢の崩れに繋がってしまいます。姿勢が崩れたままだと筋肉を施術で整えてもまた負担がかかり、元の悪い状態に戻ってしまいます。こういった理由の為、男性よりも女性の方が股関節周辺の負担がかかってしまいます。

 

このような症状として痛みが出る前に、普段から負担を溜め込み過ぎないよう施術により筋肉のバランスを整え、筋肉の引っ張りから歪められた背骨を整体により真っすぐに整えます。そうすることで背骨が身体全体を支えてくれるので、お仕事や日常生活でかかる負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はご気軽にお連絡お待ちしております。

 

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP