針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は肩甲骨の可動域がどれだけ重要かについてお話していきたいと思います。肩甲骨は背中にある為、普段どれくらい動いているか意識しづらい部分です。しかし、肩甲骨の動きが悪くなると、肩を動かすことが困難になります。肩は肩甲骨と腕の骨が連動して動くことによりスムーズに動かすことが出来ます。肩甲骨が動かなければ腕の骨を動かすための筋肉に必要以上に力が入ってしまいます。その為、肩周辺の筋肉が緊張し柔軟性が低下していきます。柔軟性が低下した状態でさらに動かし続けると、肩甲骨に痛みが走るようになります。症状が出たままさらに負担がかかり続けることにより、夜中に寝ている時でも痛むようになり睡眠不足の原因にもなりえますので、普段から肩甲骨の動きが損なわれないように、同じ姿勢が続いた場合は、肩を大きく回すストレッチで筋肉の柔軟性を出すことをお勧めいたします。

このような症状として痛みが出る前に、普段から負担を溜め込み過ぎないよう施術により筋肉のバランスを整え、筋肉が引っ張る事で歪められた背骨を整体により真っすぐに整えます。そうすることで背骨が身体全体を支えてくれるので、日常生活でかかる負担を軽減させていきます。お身体の事でお悩みの方はお気軽にご連絡お待ちしております。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP