針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は腰の筋肉の負担によって起こる様々な症状について説明していきたいと思います。

腰は体の中心であり、どのような時であろうと無意識の内に体重移動や姿勢の維持などで筋肉を使っています。

これほど使う機会の多い筋肉が負担の掛かったまま頑張り続けてしまうと、ちょっとした動きを行うだけでも痛みが出るようになります。また、体は人それぞれ左右で動きやすい利き手・利き足などがあり、腰にもお仕事や日常生活で捻りやすい向きがあります。捻りやすい向きに負担がかかり続けると、何もしていなくても筋肉の緊張が強くなり左右での負担の差が生まれてしまいます。

腰の筋肉の負担が左右で差が生まれてしまうと、重心移動の行いづらさから来る足への負担、物を取る時などで腕を動かす時の負担など様々な負担があります。

足に負担がくると、重心が左右どちらか一方に多く掛かってしまい、筋肉の負担から足の筋肉の緊張が急激に強くなり、痛みが出やすくなります。

腕の場合ですと、ふいに手を伸ばした際などに背中周りの筋肉に痛みやつっぱり感などが出るようになります。

当院では全身の筋肉を施術し、筋肉の無理な引っ張りから歪められた背骨を整体により真っすぐに整え、左右での負担の差をなくします。

お身体の事でお悩みの方はご気軽にご連絡お待ちしております。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP