針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は「膝の痛みでお悩みの方へ」といったお話です。膝は痛みがあっても動くたびに負担がかかっていくものなので、痛みに対して何もせずに放って置いてしまうと長い間、痛みが続いてしまうと言って悩まれる方が多いです。膝の痛みの原因は、背骨の歪みと、筋肉の質が悪くなってしまう事にある事が多いです。特に膝の痛みに左右差がある方は背骨の歪みから、膝にかかる負担に偏りが出てきてしまいます。そうすると片方の膝を支える筋肉に負担がかかり筋肉の質が悪くなってしまう事によって、痛みが出てきてしまいます。ただ背骨に歪みがありますと、痛くて使いたくないと思っている側の膝を無意識に使ってしまうので、中々膝の状態が回復しにくくなります。その状態でも日常で膝に負担がかかり続けてしまうと膝のいたみが強くなってしまったり、無理に足を庇って反対の膝まで痛みが出てきてしまう事があります。そうならない為にも、この状態では放って置かず、負担の原因になっている所をケアしていく事をお勧めします。

 

そこで当院では上記の様な痛みでお悩みの方に、背骨と筋肉のバランスを整えていく施術を行っていきます。そうする事で今痛みがある膝にかかる負担を少なくすることが出来るので、膝の痛みでお悩みの利用者さんもたくさん喜ばれていますよ。もし膝の痛みでお悩みの方はいつでも当院にご相談下さい

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP