針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

9月になり暑さが残る中で少しずつ涼しい時間も増えてきました。気温が変動しやすい時期は体調を崩しやすいので注意してくださいね。今日は血流のお話をしようと思います。身体を管理する中で血流を良くしておいた方が良いと言う話は聞いた事がある方が多いと思います。そもそも血流が悪い時は身体の中で何が起こっているかが大切だったりします。

血流が悪い時は身体の酸素が欠乏している状態です。酸素が足りていないことを知らせる信号を送ります。発痛物質です。これが知覚神経の興奮を引き起こし交感神経を緊張させます。そして血管を収縮させたり、筋肉の短縮が強まります。血管の収縮や筋肉の短縮が血流を悪くします。この悪循環の繰り返しになってしまいます。血流を良くするためにはこの悪循環を断つことが大切なわけです。筋肉の短縮を身体の深部からバランスを整える事でお身体が変わっていきます。ただ背骨が歪んでいるとバランスの良い状態までなかなか戻れないので背骨の歪みも整えていく事も重要です。

色々と話しましたが血液が流れない状態だと痛みが出やすく流れやすい状態の方が痛みが出にくくなるし身体の回復にも繋がります。痛みが出たら施術を受けて体のバランスと血流を良くしていきましょう。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP