針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は『血液の流れの重要な役割』といったお話をさせて頂きます。血液は体内に流れ続ける事が普通かもしれませんが、身体の状態によっては部分的に血液の流れが悪くなってしまう事などがあります。血液は流れが悪くなってしまうだけでも、身体にとってはとても悪影響です。例えば、代表的なものであれば立ちっぱなしや座りっぱなしでの、足のだるさ、重さなどは体感されたことがある方が多いかもしれませんが、これも血液の流れが悪くなっている事が原因です。他にも肩や腰がだるくなってしまったりするのも、肩や腰の筋肉が緊張していて、筋肉の間を通っている血管そのものを圧迫してしまうので、血液の流れが悪くなり、疲労物質やダルさを感じるものが実際緊張している筋肉の場所に溜まります。これが原因で肩や腰にダルさが出て来てしまいます。一番大切なのは身体の回復についてです。怪我をしたときや身体を痛めた時、その場所の血液の流れがいいか、悪いかで怪我の場所の回復の速度が速くなります。なので、身体のダルさ、怪我、重さこれらは血液の流れが原因で起こっている事も少なくないのです。血液の流れを良くしていこうと思うとまずは身体を冷やさない事が大切です。次に筋肉の状態です。身体の全身にある各筋肉が緊張していると血液の流れが悪くなりますが、逆に筋肉が緊張することなく収縮することが出来る筋肉の状態だったら、収縮のポンプ作用で血液の流れを促進させてくれます。

 

当院では筋肉を本来の働き通りに収縮させることがしていきやすくなるように、身体のバランスを整える施術を行っています。上記のような症状でお悩みの方や、血液の流れを良くしたいと思われる方は、いつでも当院にご相談下さい。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP