針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は、足の裏で特に踵付近の痛みについてお話をしていきます。足の裏の骨はアーチ状になっており、それを支える筋肉があります。踵から足を下ろす時の圧迫力や足を蹴りだす時の牽引力によって足の裏の筋肉に負荷がかかります。多くの場合は長時間の立ち仕事の方やスポーツ(特にランニングやジャンプの動作が多い)で筋肉が傷つくことにより足の裏に痛みがでます。使い過ぎた筋肉は筋繊維の伸縮が上手く出来なくなり痛みが出ます。足の裏の施術や身体のバランスを整える事により筋肉が動かしやすくなります。施術した後は、「足が少し楽になった」と仰っていました。

 足の筋肉を上手に日常で使えていない人が多く、足の裏の筋肉を使い過ぎることで痛みが出る事もあります。この筋肉を痛めやすい人は偏平足など足のアーチが少ない人が多いです。日常的に足の裏の筋肉を使えるように歩き方を工夫する事も大切です。足を踵から降りて足の裏全体を使うように踏み込んでいき、足の親指で軽く蹴りだすように離していくことで足の裏全体を使えるようになります。痛みが出る前から歩き方を意識していきましょう。

 痛みが出たしまった場合は施術を受けることが大切です。痛みでお悩みの際は当院にご相談下さい。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP