針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

今回は『足を組みたくなってしまう方へ』といったお話をさせて頂きます。皆さんは不意に足を組みたくなってしまう事、気づいたら足を組んでしまっている事はありませんか?足が組みたくなる、組んでしまうのには理由があります。その原因は「背骨の歪み」です。足を組んでしまう方は、背骨に歪みがあって身体を真っすぐに使えなくなってしまっています。背骨の歪みもいきなり出てくるものではありません。身体を普段支えてくれている、身体の深い所の筋肉が本来の身体を支える役割が出来なくなってしまうくらいに緊張していて、背骨を引っ張る事で、背骨に歪みが出てきてしまいます。背骨は歪みがあると身体が傾いてしまいます。その状態で座りっぱなしの姿勢などが続くとからだは真っすぐにしていても背骨に歪みがあるので、その下の骨盤も傾き、その骨盤の傾きに合わせた形にすると足を組んでしまうような形になってしまいます。つまり背骨に歪みがあると足を組むほうが、身体が真っすぐだと認識してしまうので「逆に真っすぐ座っていると違和感がある」「無意識に足を組んでしまっている」といった状態になってしまいます。

また背骨の歪みがあると身体にかかる負担も増えてしまい、腰が痛くなってしまったり、首が痛くなってしまったりと色々な症状の原因にも繋がります。身体の痛みでお困りの方はいつでも当院にご相談下さい!!

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP