針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」

最近は、暑さが落ち着いてきまいしたが、私の住んでいる周辺では台風や雨が強く降る日がふえてきました。雨の日に身体がだるくなったり、頭の痛みなどがでたりする方も多いのではないでしょうか?今回は、なぜ雨の日に身体がしんどくなるのかについて書いていきたいと思います。晴れている日と雨の日とで大きく違う所が、気圧の違いです。雨の日や台風の時は、低気圧に変わります。この気圧の変化により身体の自律神経が乱れることで血流の流れが悪くなります。自律神経が乱れることでなぜ血流が悪くなるのかと言うと、自律神経が身体のオン・オフを切り替えるスイッチになっているからです。なので、自律神経が乱れるとリラックスする場面で力が入ったり、日中の活発に動かないといけない時間帯に身体がだるく眠気が強かったり動くのがしんどくなります。気圧の変化だけでも人間の身体は影響をうけます。この気圧が変わるタイミングと言うのが、雨が降っている時よりも雨が降る前の雨雲が接近しているタイミングになります。古傷が痛むと言う言葉を聞いた事がある方もいるかと思いますが、雨が降る事を気圧の変化から身体に出る痛みで気付いておられるような方もいるくらい気圧の変化は身体に影響がでますよ。

気圧の変化のある時に施術をすることで、気圧の変化に負けない身体を作っていけますよ。

針中野で根本改善なら「針中野駒川整骨院」 PAGETOP